なぜなに花柳界

  • 芸者とは
  •  芸者とは、踊りや三味線などの日本の伝統芸能で宴を盛り上げる存在です。 芸者を遊郭の遊女と混同されて勘違いをされる場合がありますが、遊女と芸者はまったく別の存在であり、その起源は江戸時代にまで遡ります。


     江戸時代の吉原遊郭では男性が、花魁(遊女)を迎える為には、太鼓持ちや芸者を呼び宴を催すのが習わしでした。 遊女と芸者の役割は明確に分かれており、「色を売る遊女」と「芸を売る芸者」は まったく別の職種として区別がされていたのです。 当時芸者は「芸をする者」の意味であり、元々は男性が花や茶をたて三味線を弾いて芸を披露することで、 お座敷を盛り上げる役割を担っていました。いつからか女性が芸者をするようになり、それが主流となります。 男性の芸者は現代でも存在しますが、その数は少数となっています。


     現在の芸者衆も芸事に励み、身につけた踊りや三味線などの芸で、お座敷でお客さまをもてなします。 また、芸妓さんにはいろいろな呼び方があり、関東では『芸者』『芸妓(げいこ)』などと呼び、 修行中の芸者を『半玉(はんぎょく)』と呼びます。京都では修行中の芸妓のことを『舞妓(まいこ)』と呼びます。 多くの方がイメージされる「舞妓さん」とは、実は一人前になるための修行中の存在で、一人前になると、舞妓から芸妓になります。 全国的に20代前半で一人前の芸妓になる場合が多いようです。


    ※芸妓(げいぎ)と読む場合もあります。


     芸者が活動する界隈は『花街(かがい・はなまち)』と呼び、芸者の世界は『花柳界(かりゅうかい)』と呼びます。 花柳界とは「あでやかな世界」を意味しています。日本中に現在でも花街が存在し、京都の祇園(ぎおん)などが有名ですね。 東京では、以下の花街が現在でも活動中となります。
  • 赤坂
    浅草
    大塚
    神楽坂
    大井町
    新橋
    八王子
    円山町
    向島
    芳町

    (五十音順)
  • 芸者の役割
  •  芸者の役割は、立方、地方、幇間の3つに大別することができます。

    立方(たちかた)
    お座敷で踊りを披露する芸者。


    地方(じかた)
    お座敷で唄、三味線、お囃子(おはやし:笛、小鼓、太鼓など)を演奏する芸者。
    演奏の技術だけでなく、立方芸者や他の地方芸者との呼吸合わせの技術や、お座敷遊びでの雰囲気作りでも重要な役割を果たします。


    幇間(ほうかん)
    別名、たいこ持ち。昔は男芸者と呼ばれた存在だったが、現在では女性の幇間も存在する。
    お座敷の雰囲気を盛り上げるために、道化的な役割を担う。(踊り、ものまね、ふすま芸など)


  •  ◇それぞれの芸事は各流派に細分化される
    立方、地方、幇間の3つの役割に大別しましたが、それぞれは様々な流派に細分化がされます。 例えば、新橋花柳界の踊りは、「西川流」「花柳流」「尾上流」が存在するように花街によって流派が違います。 花街別の踊りの流派はこちらから、ご確認いただけます。


     ◇多くの花街が地方(じかた)不足
    現在、立方芸者が最も多く、地方芸者が不足している傾向が全国的にみられます。 各花街が定期的に開催する、「OOをどり」の会でも、地方が足りないため引退した芸者にお願いをしたり、 別の花街から応援を呼ぶこともあるそうです。

    地方が少ない原因として、
     ・地方芸者を育成するために多くの時間を要する。
     ・芸者を長期的に続けられる方が少数になり、育成に時間が掛る地方志望者が少なくなった。

     以上のような原因があるようです。


     今でこそ様々な音楽プレーヤーが存在しますが、昔はそのようなものは存在しなかったため、 地方がいなければお座敷での踊りも唄も成立しませんでした。特に三味線の奏者は需要が多く、人気の地方は引っ張りだこだったそうです。

     芸者は立方芸者としてお披露目をし、どこかのタイミングで地方芸者になることが多かったですが、 近年では、最初から地方芸者としてお披露目をされる方も増えているようです。 学生時代からずっと三味線を嗜んでいた方などが対象となるようです。


     ◇幇間(ほうかん)は浅草と岐阜にのみ存在
     幇間は現在では浅草花柳界にしか存在せず、幇間衆は浅草以外からも仕事の依頼が入るようです。 少人数ではありますが、近年新しい入門者が増えているようです。


  • 芸者と遊女の違い
  •  ◇吉原芸者の誕生

     江戸時代、幕府より色を売る商売が認められていた場所が「吉原」です。吉原以外の土地にも遊女は存在しましたが、 それらは幕府非公認の「岡場所」と呼ばれる土地で、度々幕府の手入れにより、栄えては廃業する女郎屋が多かったそうです。

     当時、吉原では花魁(おいらん)を迎える為には、太鼓持ちや三味線などを奏で、宴を催すのが習わしでした。 吉原が出来たばかりの頃、遊女達は芸事にも秀でていたため、宴を盛り上げる役割も担うことができましたが、 時代の流れとともに段々と遊女のあり方も変わることになります。

     いつからか、「芸を売る芸者」と「色を売る遊女」の役割が分かれるようになり、 「吉原芸者」が誕生したのです。



  •  以下の図は、吉原遊女の序列(初期)となります。

  • 動画が入る  吉原遊女の序列について解説した動画がありましたので、ご紹介いたします。

     江戸時代の花柳界について、より詳しい解説は、こちらのページを参照ください。
  •  ◇最後の吉原芸者 動画が入る 最後の吉原芸者「二三松(ふみまつ)姐さん」の二調鼓(にちょうつづみ)の動画になります。

     二調鼓は、「二挺鼓」という表記で辞書に載っていますが、どちらも基本的には同じ意味のようです。 管理人の肌感覚になりますが、各種催しでは「二調鼓」の表記が多く用いられているように感じます。
  • 本の紹介  吉原花柳界はすでになく、最後の吉原芸者としては、「みなこ」姐さんが有名です。 二三松姐さんは、みなこ姐さんの妹として、当時吉原芸者として活躍されていました。