金毘羅船舟

  • 遊び方
  • ◇事前準備◇

    この遊びは2人で行います。
    芸者とお客様が向かい合わせになるように座り、二人の間に台(テーブルなど)を置きます。
    台の上に「椀」を置いて準備完了です。椀は手で掴みやすいものなら何でも構いません。



    金毘羅船舟の演奏が必要となるので、地方のお姐さんにお願いをします。(推奨)
    又は音楽を再生するための機械を用意します。

    ※こんぴらふねふね の歌詞は このページの下段に記載しています。



  • ◇ゲームの流れ◇

    金毘羅船舟を歌いながら音楽のリズムに合わせて、交互に台の上の椀に手を“パー(手の甲を上)”にして乗せます。


    自分が物を掴んで上に持ち上げた時、相手は物が置かれていない台の上に手を“グー(手を握る)“にして乗せます。


    そういった動作を繰り返し、先に間違えたほうが負けです。
    負けると罰杯(罰ゲームでお酒を飲む)があります。


    文章での説明ではわかりにくいかと思いますが、非常に楽しいゲームです。
    なかなか勝負がつかない場合はテンポが速くなるのも面白いです。

    ↓の動画を参照すると様子が分かり易いです。

  • お座敷遊び「金毘羅船舟」の由来

  • 唄としての「金毘羅船舟」は香川県にある金刀比羅宮(画像)を題材とした日本の古い民謡で、作詞者は未だに不明のままとなります。 金毘羅さまは、海上交通の守り神として信仰されており、境内の絵馬には航海の安全を祈願したものが多く見られます。


    「こんぴら」と云うのは サンスクリット語の「クンピーラ」が語源で、ガンジス河の「ワニ」を表します。 ワニの強さから 水の神=海の神=船舶の守り神 になったそうです。


    金刀比羅宮(ことひらぐう)とは、香川県の琴平町の象頭山(ぞうずさん)にある神社。 金毘羅宮、琴平宮と表記されることもあり、「こんぴらさん」の愛称で親しまれています。

    詳しい場所は↓の地図を参照ください。



    お茶屋や料亭などで芸者と行う「お座敷遊び」としての金毘羅船舟のルーツはどこにあるのか?


    詳しい記録は残っていませんが、元々は金刀比羅宮の参詣客相手に座敷で歌われた騒ぎ唄の一種だったようです。 騒ぎ唄とは「江戸時代、遊里で三味線や太鼓ではやしたててうたったにぎやかな歌。転じて、広く宴席でうたう歌。」を指します。


    金毘羅船舟の小気味よいテンポ、情景豊かに詠まれた歌詞、 お座敷遊びとしての面白さが全国のお座敷に浸透させることに繋がったのだと考えられますが、その詳細な時系列は不明です。


  • 金毘羅船舟の歌詞
  • (一)
    こんぴらふねふね 追風(おいて)に帆かけて シュラシュシュシュ
    まわれば四国は讃州(さんしゅう)那珂の郡(なかのごおり)象頭山(ぞうずさん)金毘羅大権現(こんぴら だいごんげん)
    いちど まわれば


    (二)
    四国名物 ごしょらく踊り シュラシュシュシュ
    踊らにゃ損だよ 夜明けのカラスも 鳴くまで踊ろよ 阿波踊り
    いちど まわれば


    (三)
    巡礼お鶴は菅笠(すげがさ)姿で シュラシュシュシュ
    たずねる母様 お弓の涙よ 我が娘と言わえぬ胸の内
    いちど まわれば


    (四)
    金毘羅石段 桜の真盛(まさか)り キララララ
    振袖(ふりそで)島田が サッと上(あが)れば 裾(すそ)には降りくる 花の雲
    いちど まわれば


    (五)
    金毘羅 御山の 青葉のかげから キララララ
    金の御幣(ごへい)の 光がチョイとさしゃ 海山雲霧(うみやまくもきり) 晴れわたる
    いちど まわれば


    ※「海山雲霧 晴れわたる」の部分は「街道は雲霧 晴れわたる」と唄われることもあります。


    (六)
    お宮は金毘羅 船神(ふながみ)さまだよ キララララ
    時化(しけ)でも無事だよ 雪洞(ぼんぼり)ゃ明るい 錨(いかり)を下して 遊ばんせ
    いちど まわれば


    (七)
    こんぴらふねふね あなたと二人で シュラシュシュシュ
    まわれば四国は 追風の果てだよ 行き先ゃ白波風任せ
    いちど まわれば
    (八)
    大瀬戸のどこに 霞が棚引きゃ シュラシュシュシュ
    金毘羅参りの船脚ゃ軽くて 波間に漂う流しダル
    いちど まわれば


    (九)
    象頭(ぞうず)のお山にお札を かかげりゃ シュラシュシュシュ
    逆巻く怒濤(どとう)も いつしか静まり 舳先(へさき)に はためく大漁旗


    (十)
    金毘羅代参 ご存じ石松 シュラシュシュシュ
    飲みねえ食いねぇ こっちへ寄りねぇ 死ななきゃ直らぬ そのきっぷ
    いちど まわれば


    (十一)
    金毘羅信仰 忘れちゃいけない シュラシュシュシュ
    長宗我部元親 神罰恐れて 逆さに建てたる 賢木の門
    いちど まわれば


  • 歌詞の解説
  • 作成中